HOME>特集>お葬式は葬儀社に任せよう~準備から手厚いサポートが得られる~

お葬式は葬儀社に任せよう~準備から手厚いサポートが得られる~

女性

お葬式の流れを確認しよう

藤井寺で身内がなくなったら、すぐにお葬式の手配をする必要があります。ただお葬式といっても流れというのがあります。最初に身内だけでするのが仮通夜です。仮通夜とは、亡くなった日の当日夜に行う儀式です。そのあとに本通夜があります。本通夜には親しい人が弔問に訪れるので、接待できる環境を整えておく必要があります。仮通夜→本通夜のあとには葬儀と告別式があります。もともと葬儀と告別式は別々の儀式でした。しかし、今は藤井寺でも時間短縮のために一緒にするのが一般的になっています。葬儀と告別式をするにはある程度大きな会場が必要です。広い一戸建てがあるなら別ですが、マンション住まいの場合は斎場を半日または一日レンタルして行うのが一般的です。

葬儀

葬儀社が行なうサポート

仮通夜や本通夜、そして告別式から初七日法要まで、一通りをサポートしてくれるのが葬儀会社です。藤井寺にも死者のお葬式すべてをサポートしてくれる葬儀会社がいくつかあります。ただ、サポート内容は会社によって、またはプランによって微妙に違います。プランとは予算別のプランです。お葬式をすると何かとお金がかかるので、予算をしっかり決めておくことが大切です。基本プランには、一般的にお葬式をサポートするセレモニースタッフの人件費や設営料などが含まれています。火葬許可証手続きなども基本料金に含まれます。また、セレモニー会場のレンタル料は、含まれている場合と含まれていない場合があります。含まれていない場合は、別にレンタル料がかかります。